保険請求代行、開業支援、経営支援、入金率は99.8%!

一般財団法人 日本保険請求財団

メニュー

ハイスピード入金

ハイスピード入金 選べる4パターンの入金日。資金状況に応じて入金パターンが選択できます! 
	A会員 業界最速超特急 B会員 軌道に乗ったら安定 プランは途中でも変更可能!

資金状況に応じて選べる4つの入金パターン

資金状況に応じて選べる4つの入金パターン

ハイスピードの当月13日後入金プランと、翌月入金プラン、翌々月入金プラン、翌々々月入金プランの選べる4パターンの入金日。
資金状況に応じて入金パターンが選択できます!
通常療養費が経営者へ入金されるには3~6ヶ月かかります。
長期の運転資金の確保は大きな負担になります。
また、個人請求で行うような入金後払いでは経理的負担が多大です。
日本保険請求財団では、ハイスピードの当月振込みサービスで、その負担を軽減し、 安心して治療に専念できるようにサポートいたします。

自賠責締切日 レセプト締切日 期間 入金日
A会員 5日 12日 13日後 (当月25日)
B会員 5日 12日 43日後 (翌月25日)
C会員 5日 12日 73日後 (翌々月25日)
D会員 5日 12日 103日後 (翌々々月25日)

※入金日が銀行休業日(土日祝)の場合、翌銀行営業日が振込日となります。
※締切日が日祝の場合、直前の平日、土曜日が締切日となります。

メリット デメリット
入金後払い 基本的に手数料が一番安い。 入金が申請から3~6ヶ月
(保険者によってはさらに長いところも) かかる為、入金サイクルが遅い。
以前の請求がバラバラに入ってくるので
入金の管理が手間。
金融機関を介して支払 信用のある借入先から
借り入れることによる安心感。
運転資金の確保をしやすい。
年利に換算すると手数料が一番高い。
『借入』になるので、住宅ローンを組む際、 他のリースなどを組もうとした際に審査に関わってしまう。
先払い
(当会の支払い方法)
運転資金の確保をしやすい。
請求と同月に入金があるので資金管理がしやすく、経理的な負担が少ない。
入金後払いと比べると手数料が高い。

お問い合わせ、資料請求に関して、お気軽にご相談下さい。 フリーダイヤル 120-776-689 [受付時間] 月~土・祝 9:00~20:00 メールでのお問い合わせ 資料請求はこちら

お問い合わせ、資料請求に関して、お気軽にご相談下さい。 フリーダイヤル 120-776-689 [受付時間] 月~土・祝 9:00~20:00